蒸し鶏でサラダを作った残り半分の手羽肉やねぎ、レタス等を使って生春巻きを作りました。
同様な材料でも目先が変わると美味しく食べられるものです。

投稿者 : どら さん

材 料

4 人前

鶏手羽肉 1/2枚
ねぎ 14cm×3本
ロロロッサ(サニーレタス) 3枚
赤パプリカ 1/2個
ライスペーパー(大) 3枚
大さじ1
フェンネルシード・胡椒 少々
味噌 小さじ2
豆板醤 小さじ1
  • 1
    鶏手羽肉は厚みを半分に割って更に載せ、酒・フェンネルシード・胡椒を振って保温鍋の蒸し器に入れ、沸騰して5分で火を止め、平滑な台に下して放っておく。
  • 2
    15分以上置いた後、蒸し鶏を食べ易い大きさに割いておく。
  • 3
    蒸し鶏の皿に出た出汁と味噌・豆板醤を合わせて練り、ねぎ全体に塗って、縦3分割した赤パプリカとともにレンジグリルで焼く。
  • 4
    大皿にぬるま湯を5mm程注ぎ、ライスペーパーをさっと浸して上げ、ロロロッサを敷きその上に焼きねぎはそのまま置き、細切りにした赤パプリカと蒸し鶏を置いて巻く。
  • 5
    1本を6個位の食べ易い大きさに切って出来上がり。
調理のポイント
ライスペーパーはぬるま湯にさっと浸してす早く上げないと、ぬるぬるになって具が巻けなくなるので注意しましょう。
焼きねぎと焼きパプリカはとても甘くなるので、タレに砂糖を入れなくても大丈夫です。
野菜はきつく巻くと食べ易いです。