岩手・青森に行くと必ず土産に「汁用せんべい」を買うほど、この郷土料理が好きです。
せんべいは地鶏のスープにさっと浸けてコシを残しても、じっくり煮込んで柔らかくしても美味です。
本来は牛蒡・人参が基本ですが、レタスで作ってみました。

投稿者 : さくら さん

材 料

2 人前

鶏もも肉 100g
大根 2cm
人参 2cm
しめじ 1/4株
白滝 30g
グリーンリーフ 2枚
春菊 2本
出汁昆布 5cm
3カップ
ごま油・酒 各大さじ1
少々
醤油・みりん 各小さじ1
  • 1
    水に昆布を数時間浸けておく。
  • 2
    大根・人参はいちょう切り、白滝は数センチに切り、しめじはばらし、鶏もも肉は一口大にそぎ切り、鍋で野菜から順にごま油で炒める。
  • 3
    酒を入れてアルコールを飛ばし、昆布を取った出汁を入れて煮たて、灰汁を掬い煮る。
  • 4
    グリーンリーフを千切って、せんべいは食べ易い大きさに切って入れ、調味料で味付けしてさっと煮る。
  • 5
    春菊は茎を先に入れ、葉を入れたら火を切る。
調理のポイント
大根・人参・白滝を先に炒め、鶏もも肉は炒め過ぎないようにします。
炒め用ごま油は鍋により少なくして下さい。